三社祭の祭り半纏 Happi coats at “Sanja-Matsuri(Sanja festival)”

hanten01

毎年5月に浅草寺で行なわれる三社祭には、それはもう眼の回るほど大勢の人がやってくる。なにしろ浅草といえば現代に残る江戸の香り、東京における下町代表なんてイメージがあるし、海外からの観光客にとってはジャパニーズオリエンタルを東京で体験できる魅惑の町でもある。そこへきて地元の皆さんも三度の飯より祭り好きとくればぁ、人が来ないわけがない。

三社祭のある日は、参道も沿道も、浅草寺周辺の道という道はどこもかしこも芋のごった煮に状態。そこへあちらこちらから聞こえてくる人々の楽しそうな語りや子どもたちの歓声が合い重なって、祭りの興奮をいやが上にも盛り上げていく。

そこへきて、眼に飛び込んでくるのが色とりどりの祭り半纏。地域や担ぎ手の組ごとに様々な半纏があり、これがまた江戸の粋な風情を醸し出し、見ていて飽きることがない。そこで今回は、その日に出会った祭り半纏を一挙にご紹介していきましょう!

Today let you see some pictures of Matsuri-banten(Happi coats) that I took at Sanja-Matsuri(Sanja-festival). Sanja-Matsuri is one of the biggest festivals in Japan and held at around Asakusa erea. There are so many people on the streets around Sensou-ji(temple). You can cheers from here and there this day.

What the most interesting thing at this festival for me is watching colorful Happi coats. A happi coat is mainly worn at festival nowadays and there are many kinds of Happi coats by a local group. In the EDO era, these colorful happi coats used to be worn by firemen and this is the icon of the cool guy.

I think these designs of happi coats are very cool so I want to let you know.

この他にもそれはたくさんの祭り半纏がそこかしこで躍動していたが、全部を写真に収められなかったのが残念無念。なにしろビールをぐびぐび飲みながらの撮影だったのでご勘弁を(笑)お祭りの起源は、そもそも不作から逃れるためのお祈りだったり、元気な子どもが生まれてこいこいとお祈りするものだったりと、人々が明るい未来を望んだ結果に生まれたもの。だからですね、能天気と言われようが、不謹慎と言われようが、お祭りは人々の祈りの現れ、ばんばんやって、世の中を元気に過ごす栄養素にしてもらいたいもんですね。

というわけで、今回はお祭りに躍動するゴイスーな祭り半纏でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 三社祭の祭り半纏 Happi coats at “Sanja-Matsuri(Sanja festival)”
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Share on GREE
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response to “三社祭の祭り半纏 Happi coats at “Sanja-Matsuri(Sanja festival)””

  1. Armagard より:

    I found the information on this blog beneficial.

Leave a Reply